2018年06月02日

ジャストフォーユー進退をかけた一戦に




6/03(日)東京・由比ヶ浜特別(3歳上1000万下・芝1400m・混・ハンデ)丹内祐次騎手


31日(木)にPコースで5ハロン70.5-54.3-39.0-12.1を単走で一杯に追い切りました。「今日の追い切りには状態の確認と癖を把握してもらうため、丹内ジョッキーに跨ってもらっています。『具合の良さを感じますね』とのことで、デキに関しては太鼓判を押せると思います。この条件の過去の実績や持ちタイム、登録メンバーとの兼ね合いからハンデは53kg。近走の成績からすると見込まれた感はありますが、ジャストは常に自分との戦い。今後の行方を大きく左右する一戦になることは明白なので、なんとか次につながるよう善戦を祈ります」
(粕谷昌央調教師)










障害を諦めて再度平場に戻ってきましたが、進退をかけた一戦になりそうです。

このまま終わってしまうのか?



それとも障害を経験して何か変わってくれるのか?



どちらにせよ、ある程度の結果がでなければ…。






もう相手云々は置いてジャストフォーユーらしいレースが見たい。



ただそれだけです。











posted by ぺぺ at 05:22| Comment(0) | ジャストフォーユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

アペルトゥーラ不敗神話崩壊



アペルトゥーラ

5/20(日)新潟・韋駄天ステークス(芝1000m・混ハンデ)吉田隼人騎手 結果6着

「ゲートの中ではうるさくしていたものの、意識して注意していたので、タイミングを合わせて上手くスタートをきれたと思います。前に馬を置いて、その後ろで脚を溜めるというイメージしていた通りに運べました。ただ、いざゴーサインを出してからの反応がイマイチでしたね。勝ち馬と変わらない位置にいましたし、同じくらい脚を使ってくれると見込んでいたのですが…。適性や能力があるのは間違いありませんし、調子が上がってくればもっといいところを見せてくれるはずですよ」
(吉田隼人騎手)








ちょっと期待しすぎていたかもしれません。


ただ、改めて冷静に考えてみると3連勝した時は夏で国枝調教師も夏の方が良いタイプと言っていますし、何よりハンデがアペ自身キツかったと言うより他が軽すぎた感じがします。


むしろこれでアイビスサマーダッシュでマークはされないと思うのでもうポジティブにとらえるしかありません。


今年の最大目標に向けてしっかり立て直してくれるでしょう!







posted by ぺぺ at 21:04| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エスカラード変わらずかぁ



エスカラード

5/19(土)京都・4歳上500万下(芝1400m)和田竜二騎手 結果10着

「本当はもう少し前で競馬をしたかったのですが、スピードに乗るまでに少し時間が掛かる分、どうしても前半の位置取りが悪くなってしまいます。直線半ばで寄られる不利もあったとはいえ、終いビュッと切れるタイプではないだけに、あの位置からでは苦しいですね」
(和田竜二騎手)







どこかを境にスタートでまったく行けなくなってしまいました。


以前はあそこまで行き脚がつかなかったことはなかったんですがね…。


やはり前半に前にいけないと厳しいですし、この繰り返しであれば一気の距離延長やダートとかを試すしかないですかね。



うまくいけば掲示板もあるかもと期待していましたが、この先どうなるのか気になるところです。











posted by ぺぺ at 12:33| Comment(0) | エスカラード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする