2017年08月14日

オルレアンローズ 意味不明その2

オルレアンローズ

8/13(日)新潟・豊栄特別(3歳上1000万下・芝1400m・混)吉田豊騎手 結果14着

「陣営からは返し馬でスイッチが入らぬよう、キャンターにおろす際は気をつけて乗るように指示を受けていました。たしかに落ち着いてはいたものの、パドックで跨った際の感触と走り出してからでは雰囲気が全然違いますね。先手を奪うことを考えれば、理想はポンとゲートを出てフワッとハミを抜いて走らせたいところですが、この馬の場合はスタートがそれほど速いタイプではないため、内枠であってもテンに少し押して行く必要があります。ただ、そうするとハミを噛んでしまって制御がしづらいですし、最後にお釣りが残せません。1200〜1400mよりもマイルくらいの流れで楽に逃げる競馬のほうが合っているかもしれませんね」
(吉田豊騎手)







スタートが速くない?

今までのレース見てなかったんですね…



ただ一言

高木先生
ちゃんとこの馬を理解してもらってる騎手をお願いします。


posted by ぺぺ at 12:35| Comment(0) | オルレアンローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

オルレ豊栄特別出走!

オルレアンローズ

8/13(日)新潟・豊栄特別(3歳上1000万下・芝1400m・混)吉田豊騎手

6日(日)にWコースで4ハロン54.0-38.7-13.1を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にもWコースで4ハロン52.8-38.8-12.8を単走で強目に追い切りました。「昨日はテンから自らハミを取ってスッと入りスムーズな動き。レース本番前ということと最後のひと伸びを意識させるために終い少し仕掛けましたが、非常に良い内容だったと思います。今週は骨っぽいメンバー構成のうえ、なおかつ先行馬も揃いましたが、前走でオルレアンには逃げのスタイルが合うことが証明されました。鞍上の吉田豊君とも手が合うと思いますし、週末の暑さ対策も万全。ハナを切って自分の競馬に徹し、得意の形に持ち込むことができれば、チャンス十分でしょう」
(高木登調教師)





オルレにとっては1000万クラスは通過点でしかありません。

確かに先行馬が多いようですが、相手なんて関係ない!

自分競馬をすればと自ずと結果が見えるはずです!



posted by ぺぺ at 16:16| Comment(0) | オルレアンローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

らしさ全開!オルレアンローズ

オルレアンローズ

7/01(土)中京・知多特別(3歳上1000万下・芝1400m・混)和田竜二騎手 結果4着

「燃え方は聞いていた以上でしたね。返し馬で火を付けないようにして、スタートもポンと上手に出てくれたので、これならと思っていましたが、他馬と少し接触したらハミをガツンと噛んでしまいました。しかも上にさらうような感じで強烈ですね。フワーッといきたかったのはやまやまですが、さすがに前半3F33秒5は速かったですね。内が伸びない馬場のなか、それでも勝ち馬とコンマ2秒差に踏ん張っているのですから、このクラスでは実力上位だと思います。やはり馬と喧嘩しないこの戦法の方が合っているでしょうね。息を入れながらいけていれば、もっと際どかったと思います」
(和田竜二騎手)







和田騎手は精一杯やってくれたと思います。

さすがじゃじゃ馬娘ですね。

やはりあのスピードを活かすのはスプリントしかありませんし、今後あの気性が改善するとも思えないし…。



今一度、高木先生


もうスプリント路線に専念しませんかね?


posted by ぺぺ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オルレアンローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

7/1 知多特別 オルレアンローズ出走!

オルレアンローズ

7/01(土)中京・知多特別(3歳上1000万下・芝1400m・混)和田竜二騎手

25日(日)にWコースで4ハロン54.0-39.4-13.2を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロン68.2-51.9-38.1-12.9を単走で一杯に追い切りました。「フルゲート(18頭)に満たない14頭立て。本馬以外は全て関西馬という決して一筋縄ではいかないメンバー構成ですが、こちらも降級馬なので胸を貸す気持ちで臨みますよ。昨日の追い切りも豪快なフットワークで動いており、仕上がりは良好。使い込むと良くないタイプだけに、むしろ休み明けから全力投球です。今のデキとテンションであればテン乗りが決してマイナス材料になるとは思えませんし、同コースも前々走で経験済み。前走で意識的に控えた競馬が生きて、脚を溜めつつリズム良くスムーズな競馬が出来れば、チャンスは十分にあると思っています」
(高木登調教師)






前走は出資者なら誰もが驚愕した後ろポツン。

休み明けの方が好走しやすいですし、降級戦ですし、少なくとも前走みたいなことにはならないと思います。

ジョッキーも申し分ないです!

当日は仕事で見れませんがやってくれるでしょう!


posted by ぺぺ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オルレアンローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

コメントにちょっとムリが…

オルレアンローズ

4/02(日)中山・船橋市市制施行80周年記念(芝1200m・混)大野拓弥騎手 結果16着

「今回は意識的に控える競馬をしました。相変わらずスタートしてからの1ハロンは力んでしまいますが、馬の後ろに入れたら我慢できていたので、形にはなっていたと思います。もう何戦か教え込んでいけば物になるでしょう。ただ、千二というタイプの馬ではありません。千四〜千六くらいの距離で、スタートをフワッと出て道中ジッと我慢させる競馬が理想ですね。準オープンでもやれる馬だと思いますし、攻め馬も乗りやすくなってきたと厩舎スタッフから聞いています。今後に期待したいですね」
(大野拓弥騎手)







う〜ん…

ちょっとこのコメントはどうかと思いますが…。

1200を進言したのは大野騎手だと思いますが…?
そして馬込みに入れると言っていましたが、結果は一番後ろ…。

そしてあのコメント



う〜ん
もうちょっと責任があるコメントが聞きたかったですね。

さらにあのレースだけで1200はダメって言うのも無理がありますし…。

今回ばかりはクラブとしても高木先生にしても何か対策をお願いしてもらいたいですね。

お疲れ様オルレ。

posted by ぺぺ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オルレアンローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする