2016年09月02日

9/2 ペペ厩舎情報 アペ出走ならず


ちょっと前の話になりますが、やっと2015年度産の募集馬が発表されました。

今回も小出しのようですが、個人的には遅くてもいいから全部ハッキリした状態で知りたいんですが…

皆さんはいかがでしょうか?





アペルトゥーラ

9/4(日)札幌・釧路湿原特別(1000万下・ダ1700m・混)服部茂史騎手 除外(非当選)

8月28日(日)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン54.8-40.3-12.2を単走で馬ナリに追われ、31日(水)にもダートコースで5ハロン68.1-51.6-37.8-11.8を単走で馬ナリに追い切りました。「最終週まで札幌競馬場に滞在している1000万クラスの馬が例年よりも多く、芝・ダートともに適正内と見込んで特別登録したものの、今週は出走が叶いませんでした。ただ、時計的には悪くないものの、苦しがって右へモタれっぱなしの最終追い切りの動きからは、結果論ではありますがこのスライドが吉と出るかもしれません。正直、まだアペルの状態が本調子でないように映ります。あくまで状態次第とはなりますが、美浦へ連れて帰って来週から始まる4回中山開催(9/10〜)で出走させたいと考えています」
(国枝栄調教師)





結果論になりますが、なんとも言えない北海道シリーズとなってしまいました。

一応中山開催を目指すようですがどうなんでしょうか…

ここに来て流れが悪くなってきてますし、心機一転…とはならないでしょうね。







posted by ぺぺ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

8/19 ペペ厩舎情報

先週末はバーベキューがあったり、野球を見に行ったりと充実した週末を過ごしました。

そしてあっという間にオリンピックも終わり。

四年後に東京で開催する実感がありませんが何かしらの競技は観に行きたいですよね。

そして四年後ペペの一口馬主はどうなっていることやら…。






エスカラード

ノルマンディーファーム小野町
8/17(水)名古屋・バナナ賞(交流・中央未勝利・ダ1400m)岡部誠騎手 結果:優勝
この後は福島県のノルマンディーファーム小野町で調整することになり、本日18日に出発しました。

「勝たなければ最後になってしまうと思っていましたので、脚元の状態を考慮しつつ、悔いのない状態に仕上げて臨みました。やはり砂を被った時に嫌がってしまい、前半は追走に苦労しましたが、距離損を覚悟してでも外に出したのが好判断でしたね。さすがは地元の名手という騎乗だったと思います。ノドはジョッキーも気になるとは言っていたのですが、今回は大きな影響はなかったようです。ただ、今後も注意して見ていく必要はあると思います。まだまだ良くなる馬で完成は先なだけに大きい1勝ですし、本当に良かったです。きっちりと仕上げたこともあり、レース後は相応の疲れを感じさせます。また、右前脚の支持靭帯に腫れと熱感がありますので、ここは無理をさせずに休ませるべきでしょう。徐々に腫れは引いてきましたが、熱感はまだ残る状況ですので、移動後の馬の状態を元に今後の方向性を相談したいと思います」
(鈴木孝志調教師)





やっぱり最後と決めたレースだったのでダメージはあるようですね。

しかし、きっちりと勝ってくれましたし、ここは成長を促すと思ってじっくり待ちたいと思います。





オルレアンローズ

ノルマンディーファーム小野町
現在は馬場2〜3周と坂路1本を18〜20秒ペース(週に2回は17〜18秒ペース)のメニューで調整しています。状態は更に上がってきた印象で毛ヅヤ、体の張りともに良好です。以前に比べるとフォームは力強くなり、安定感も増してきました。この後は帰厩に向けて徐々にピッチを上げていく予定です。





何だかんだで数週間後には秋競馬が始まるんですね。

開幕週に合わせるのかわかりませんが、着実にパワーアップしてるようで楽しみです。






ジャストフォーユー

吉澤ステーブルEAST
8/14(日)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)蛯名正義騎手 結果16着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、本日19日に移動しました。

「雰囲気や状態は悪くなかったのですが、全体的に時計が速過ぎた印象です。自分で緩い流れを作るか、折り合ってペースに上手く合わせた走りができているかが、ジャストのこれまでの好走パターンですので、なし崩しに脚を使わされる今回のようなケースではどうしても力が発揮できません。ただ、これがクラスの壁とは思っていませんので、次は巻き返したいと思います。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんが、昨日の運動でも必要以上にテンションが高くなっているのが目につきましたので、リフレッシュも兼ねて一旦短期で近郊に出させてもらいます。あまり日を空けずに帰厩させて、次走は9/11(日)中山・木更津特別(1000万下・芝1600m・混ハンデ)を目標にする予定です」
(栗田徹調教師)





次走が変身を見せた中山マイルです。
先生も言ってますが、ペペも前走でクラスの壁に当たったとは思っていませんので何とか巻き返してほしいです。
そしてできれば田辺騎手で…。






アペルトゥーラ

本日19日に札幌競馬場に帰厩しました。

「来週のオールスター第3戦も視野に入れるつもりでしたが、なるべく間隔を空けてやった方がメンタル面でも良いタイプですので、最終週の番組に照準を絞りました。ここ2走チグハグな競馬が続いていますので、次は積極的な騎乗で力を出し切って欲しいものです。9/3(土)札幌・札幌スポニチ賞(1000万下・芝1200m・混)を黛弘人騎手で予定しています」
(国枝栄調教師)





まったく力を出しきれていないここ数戦。
何とか最終週に結果をお願いします!

騎手は黛騎手ですが、重賞も勝って調子はいいと思うので、何のために北海道に行ったのかと言われないような走りを期待します。



posted by ぺぺ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

8/12 ペペ厩舎情報

本日はジャストフォーユーの出走です!

メンバー的には厳しいですが、ベスト条件だと思うので何とか掲示板にはのってほしいですね。






エスカラード

8/17(水)名古屋・バナナ賞(交流・中央未勝利・ダ1400m)岡部誠騎手

7日(日)に坂路コースで4ハロン59.4-43.9-28.2-13.9を単走で馬ナリに追われ、10日(水)にも坂路コースで4ハロン53.5-38.7-25.2-12.4を叩き一杯に追い切りました。「名古屋の交流競走に選出されましたので、地元の名手を確保した上でそこに向けて進めています。追い切りは変わらずに良い走りを見せていますし、ノドや呼吸も気になりません。前走は砂を被ってパニックになったことが大きいと思うので、なるべく砂を被らないようにレースをさせたいですね。実戦に行ってどうか心配はありますが、舌を縛りますので何とか良い結果につなげたいところ。戦法は枠が決まってから乗り役と相談したいと思いますが、基本的には前々から進めてもらおうと考えています」
(鈴木孝志調教師)




ラストチャンスと言っていいでしょう。
どんなかたちであれ勝たなければ終わりです。

絶対勝って!!!






オルレアンローズ

(ノルマンディーファーム小野町)
引き続き馬場2周と坂路1本を18〜20秒ペース(週に2回は17〜18秒ペース)のメニューで調整しています。欲を言えば、もう少し余裕のあるシルエットにしたいところですが、夏バテしている様子もなく、体調面は良好です。ハミ受けに課題は残りますが、以前に比べると改善できています。今後も体調を見ながら進めていき、帰厩の態勢を整える予定です。




ハミ受けは相変わらずですが、「継続は力なり」です。
いつかはマイルぐらいまでをこなせるとうに少しづつ改善をお願いします。






アペルトゥーラ

8/6(土)札幌・HBC賞(1000万下・芝1200m・混)柴山雄一騎手 結果11着
この後は一旦、ノルマンディーファームで調整することになり、9日(火)に移動しました。

「好走歴がすべて外枠発走からで、シバ(柴山雄一騎手)にも揉まれずに前々から競馬するよう指示していたのですが、頭では分かっていてもああいったチグハグな競馬になってしまう。徐々に先頭集団から遅れてポジションを悪くし、直線で詰まってという最悪のパターン。二戦続けて消化不良の競馬となり申し訳なく思っています。今回はレース後に鼻出血も見られず、上りの運動でも特に異常はありませんでしたが、馬体が少し寂しく映るため一旦、牧場に出させてもらいました。満を持して連れてきたこの北海道シリーズで結果が残せていませんし、使える状態ならば短期で戻して8/28(日)札幌・ワールドオールスタージョッキーズ第三戦(1000万下・芝1200m・混)もしくは9/3(土)札幌・スポニチ賞(1000万下・芝1200m・混)に向かうことも検討しています」
(国枝栄調教師)





前回で散々言ったので特にコメントはありません。

結果を残せていないので、馬体次第ですが何とかワールドオールスターに出てもらいたいですがね…。

posted by ぺぺ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

8/5 ペペ厩舎情報

最近全然テレビなど見ることがなかったのですが、オリンピック始まるんですね(笑)

何となく今回はそんなに盛り上がってる感じがしないのはペペだけでしょうか…。





エスカラード

先週7月30日(土)に栗東に帰厩しました。

3日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、84.7-68.8-54.0-39.9-12.7を一杯に追い切りました。「山岡トレセンでもそれほど緩めていませんでしたので、スムーズに進めることができています。まだ良化の余地は残っていますが、動きはマズマズでしたよ。前走までの追い切りでも、特に呼吸などに異常は感じられなかっただけにどこまで効果が見込めるのか把握しづらいのですが、舌を縛ることはプラスに働くと思っており、実戦でも縛るつもりです。今週末締切で名古屋、そして来週末の締切には園田の交流競走(ともにダ1400m戦)が組まれていますので、まずはそこに向けて進めていきましょう」
(鈴木孝志調教師)




もうここまで来ると一発勝負ですし、とにかくどんな形であれ勝ってくれないといけません。

先生お願いします!






オルレアンローズ

(ノルマンディーファーム小野町)
引き続き馬場2周と坂路1本を18〜20秒ペース(週に2回は17〜18秒ペース)のメニューで調整中です。美浦よりも過ごしやすい気候ということもあって落ち着いて過ごすことができており、体調面は良好です。早ければ中山の次開催に向かうことも検討していますが、無理は強いずにあくまでも馬の状態を元に判断したいと考えています。




一方こちらは夏休み中。
しばらくはそこまで暑くなかったですが、昨日辺りから猛暑になってきました。
何とか夏を乗り越えてもらいたいですが…。






ジャストフォーユー

吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、昨日4日(木)に美浦に帰厩しました。

「非常に落ち着いていて抜群の気配に映ります。レースまであまり時間はありませんが、放牧先でも緩めずに乗ってもらっていましたし、500万下を快勝した時もこのパターンの調整で臨みましたので心配いりません。来週8/14(日)新潟・豊栄特別(1000万下・芝1400m・混)を蛯名正義騎手で予定しています」
(栗田徹調教師)




前走勝利時に「俺が乗りたかったよ〜」と言ってくれた蛯名騎手。

夢がかなって良かったですね(笑)

まぁ冗談はさておき、今覚醒中のジャスティンにはベテランジョッキーが合うと思いますし、蛯名騎手で好走した実績もあるので期待して来週を待ちたいと思います!




posted by ぺぺ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

7/8 ペペ厩舎情報

ノルマンディーの勢いがすごいことになっていますね。

まさかこんなに早く5次募集2頭が満口になるとは…

まぁ今年は勝利数もハイペースですし、当然と言えば当然なんですがね。







エスカラード

7/3(日)阪神・3歳未勝利(ダ1800m)鮫島克駿騎手 結果15着
レース後も異常はありませんが、この後は岐阜県の山岡トレセンで調整することになり、6日(水)に移動しました。

「久々と言えども期待して送り出しただけに、残念なレースになってしまいました。改めて内視鏡検査を受けましたが、やはりDDSP(軟口蓋背方変位)との診断が下されています。牧場でもトレセンでも兆候はなかったのですが、精神的なことが影響して発症することもあるので、初めて砂を被ったりしたことで誘発されてしまったのかもしれません。馬は良くなっているのは間違いないですし、ダートもこなしてくれていたのでもどかしさでいっぱいです。残された時間は多くないのでやみくもに使うよりも1戦1戦が勝負だと位置付けてやっていきたいと思います。山岡トレセンは栗東よりも5℃ほど気温が低く、坂路もありますのでエスカラードには調整しやすい環境です。体調次第ですが、2回小倉開催(7/30〜)を目標にしたいと思います。次走は舌を縛るなど出来うる策を講じて臨むつもりです」
(鈴木孝志調教師)





とりあえず脚元に異常がなかったのはよかったですが…。

次走が最後になるかもしれません。

もちろん諦めてはいませんが本当に一戦必勝です。






オルレアンローズ

(ノルマンディーファーム小野町)
現在は1日1時間のウォーキングマシン運動をおこなっています。体の張りがひと息で体も寂しく映ることから、あと1〜2週間は現状の生活で疲れを取りながらリフレッシュさせる予定です。真面目な性格ということもあり、焦らずにしっかりと充電してから送り出したいと考えています。




今年は暑くなりそうですし秋に向けてじっくりと休んで上手く成長を促してくれるでしょう。






ジャストフォーユー

(吉澤ステーブルEAST)
「現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン20秒のペースを長めに乗り込んでいます。この中間もまだ右前の中筋に少し張りが見られますので、そこは入念にケアしながら進めています。以前と比べて、普段のキャンター時にも落ち着いて走れている点から精神的な成長が窺えますね。体がだいぶフックラと戻っていますし、夏バテの兆候もなくコンディションは良好ですので、週末からさらに調教のピッチを上げていきます」
(担当者)





どうやら今がまさに精神的にも成長期になってきたのでしょうか。
1000万クラスでも勝負できましたし、次走に向けてしっかりとお願いします。







アペルトゥーラ

7/3(日)函館・道新スポーツ杯(芝1200m・混)吉田隼人騎手 結果7着 

「スタートを五分に出て、前半からレースの流れにも乗れていましたが、アドマイヤが外から仕掛けていくと馬がそれに怯んだのか、ポジションをやや下げる格好になりました。四角でも蓋をされて直線も窮屈な位置での追い比べとなりましたので、今回はアペルトゥーラの走りをさせてもらえませんでしたね。全体的な内容は悪くないだけに、中途半端で勿体ない競馬だったと思います。レース後の上がり運動の際、左の鼻からごく微量の出血をしており、肺の粘膜からとみとめられましたが、症状としては軽度のものです。状態を見ながらになりますが、次走に向けてはこのまま函館競馬場に滞在させて調整し、少し間隔を空けて8/6(土)札幌・HBC賞(芝1200m・混)を目指したいと思います」
(国枝栄調教師)




やはりチグハグなレースだったのは間違いなかったですね。

そして鼻出血?!

次走予定も決まってますがあくまで状態で決めてくれると思いますし、アペも1000万クラスで十分戦えてますので無理せずお願いします。


posted by ぺぺ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。