2018年07月31日

アイビスサマーダッシュ2018立派な7着!



アペルトゥーラ

7/29(日)新潟・アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手 結果7着

「馬に柔らかみがあって状態としては良かったと思います。枠内では頭を上下させていましたが、立ち方自体は良かったですし、テンションが上がっている中で無理にコントロールするよりは何もせずに落ち着くのを待つことに。これまで跨った経験があったので、その辺りは馬を信じることができましたし、結果スタートはポンっと上手く出れましたね。そのままもう少し前のポジションを取りたかったところですが、思いのほか出ていかなかっためプランを変更。勝った馬の真後ろにつけて一緒に上がっていく形を狙いました。時計が速かったのもあって、最後2ハロンくらいで置いていかれてしまい…。馬場が渋ってればとまた違うはずですよ。週の半ばの天気予報を見て、この馬に向く馬場になるだろうと思ってたんですけどね」
(丸田恭介騎手)



DSC_0048.JPG



DSC_0040.JPG



先ずは無事走りきって、7着とのなりました!


さすがに今回はタイムが速すぎました。

アペルトゥーラ自身のタイムではちゃんと走ってますから納得です。



午前中には新潟競馬場に着いたのですが、人が多くてメインの頃にはG1並みに人がいたと思います。




いや〜ファンファーレがなった瞬間にいろんなことが走馬灯のように来て、恥ずかしながら泣いてしまいました。


地方まで行ってしまった馬がここまで来てくれただけで満足ですし、8着以内にも入ってくれましたし、ペペとしては立派な成績だと思っています。


この後がどうなるかはわかりませんが、暑い中走ってくれたので、しっかりと休んで次走に向けてまた頑張ってもらいたいと思います!


お疲れアペ君。













posted by ぺぺ at 12:40| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

とうとうここまで来たぞアペルトゥーラ!


アペルトゥーラ

7/29(日)新潟・アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手

22日(日)に坂路コースで4ハロン57.5-42.4-28.7-15.1を単走で馬ナリに追われ、25日(水)にも坂路コースで4ハロン53.9-38.8-24.8-12.2を単走で末強目に追い切りました。「最終追い切りは併せて終いを伸ばすという指示でしたが、併走する予定馬がモタれて離れてしまって。ただ、アペルトゥーラ自身は自分の動きができたと思いますよ。素軽くて小気味の良いフットワーク、大きく体も使えてましたし、最後まで集中できていたことはなによりです。前走の韋駄天Sは斤量に泣いた面も強く、大きく負けたわけではありません。前半はマイペースでいって、ゴール前でしっかりと伸びるというパターンで昨年のこの舞台で3連勝を成し遂げましたが、とにかく『追い出してからの反応』の一言に尽きるでしょう。うまくスタートを決めて、スムーズにギアが変わってくれれば、最後のひと伸びにつながりますからね。もちろん外枠が引けたら最高です。実績十分でベストな条件。早くから目標にしてきたので、ようやくここまできた感がありますよ。年齢的にも正念場ですし、先頭で駆け抜けてくれたら。好結果を期待しています」
(国枝栄調教師)










とうとうこの日がやって来ました!


期間内に勝てずに園田に移籍。



その後見事中央に返り咲き、ダービーデーに初勝利。



一時は頭打ちの感がありましたが、去年千直で3連勝!

あの時から1年間待ちに待ちました。



もちろん当日現地に応援に行きます!


枠は何とも微妙になってしまいましたが、後藤騎手の騎乗からデビューして、いろんな感情が入り交じってレース前に泣いてしまうかもしれません。




頑張れ!アペルトゥーラ!!!









posted by ぺぺ at 12:25| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

アペルトゥーラ不敗神話崩壊



アペルトゥーラ

5/20(日)新潟・韋駄天ステークス(芝1000m・混ハンデ)吉田隼人騎手 結果6着

「ゲートの中ではうるさくしていたものの、意識して注意していたので、タイミングを合わせて上手くスタートをきれたと思います。前に馬を置いて、その後ろで脚を溜めるというイメージしていた通りに運べました。ただ、いざゴーサインを出してからの反応がイマイチでしたね。勝ち馬と変わらない位置にいましたし、同じくらい脚を使ってくれると見込んでいたのですが…。適性や能力があるのは間違いありませんし、調子が上がってくればもっといいところを見せてくれるはずですよ」
(吉田隼人騎手)








ちょっと期待しすぎていたかもしれません。


ただ、改めて冷静に考えてみると3連勝した時は夏で国枝調教師も夏の方が良いタイプと言っていますし、何よりハンデがアペ自身キツかったと言うより他が軽すぎた感じがします。


むしろこれでアイビスサマーダッシュでマークはされないと思うのでもうポジティブにとらえるしかありません。


今年の最大目標に向けてしっかり立て直してくれるでしょう!







posted by ぺぺ at 21:04| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

アペルトゥーラ久々の得意条件だ!


連日の暑さと会社内の冷房で絶不調のペペです。


この不調を吹き飛ばしてくれるのはペペ厩舎のエースしかいません!






アペルトゥーラ
5/20(日)新潟・韋駄天ステークス(芝1000m・混ハンデ)吉田隼人騎手

13日(日)に坂路コースで4ハロン58.2-42.6-28.3-14.1を単走で馬ナリに追われ、16日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、54.1-39.0-25.4-12.3を馬ナリに追い切りました。「最終追いでやや右へモタれるような面を見せていたが、仕掛けるとスッと反応できていて伸び脚は鋭かった。馬の雰囲気は落ち着きを保てていて具合がいいし、跨った隼人も本番前に好感触を掴めたと思いますよ。3つ勝ち鞍のあるコースだけに、自身のハンデ56kgはほぼ想定していた通り。49kgから出走してくるわけだから、前へ行く軽ハンデの馬に残られる可能性もあるけど、スムーズな進路を通れれば直千競馬ならまず伸びてきてくれるはず。あとはなるべく外目の枠を引いてほしいですね」
(国枝栄調教師)







久々に得意コースに出走です!

ここならドンと来いですので、少しでも外枠を引けたらと思います。



アイビスサマーダッシュのためにもここはハンデ戦とは言え無様なレースは許されません!


でも、先ずは無事に走ってください。










posted by ぺぺ at 12:42| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ちょっとは期待したんですけどね


アペルトゥーラ
4/08(日)中山・春雷ステークス(芝1200m・ハンデ)松田大作騎手 結果13着

「返し馬や待機所でも落ち着いていましたし、雰囲気は凄く良かったですね。ゲートもちゃんと出れて、テンから行こうとすればある程度のポジションを取れた感じもありましたが、陣営から今日は直線なるべく馬場の良いところを通って脚を使うようにとの指示があり、構えて外に出すタイミングを狙っていました。追い出し始めると右にモタれる癖は見られましたが、このクラスでもエネルギーを温存すれば後半に生かせるだけの高いポテンシャルを秘めていると感じましたし、直千競馬で結果を出しているのもなるほどなと頷けます。上手くエスコートできず申し訳ありません」
(松田大作騎手)







現地まで応援にいきましたが、前にいけなかった?行かなかった?
その時点で終了しましたね。

なんとも中途半端と言う、今さら何で末脚勝負のレースをするのか…。


あくまでも新潟の試走と言う感じだったのでしょうか?


何ともよくわからないレースでした。













posted by ぺぺ at 20:21| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。