2018年04月09日

ちょっとは期待したんですけどね


アペルトゥーラ
4/08(日)中山・春雷ステークス(芝1200m・ハンデ)松田大作騎手 結果13着

「返し馬や待機所でも落ち着いていましたし、雰囲気は凄く良かったですね。ゲートもちゃんと出れて、テンから行こうとすればある程度のポジションを取れた感じもありましたが、陣営から今日は直線なるべく馬場の良いところを通って脚を使うようにとの指示があり、構えて外に出すタイミングを狙っていました。追い出し始めると右にモタれる癖は見られましたが、このクラスでもエネルギーを温存すれば後半に生かせるだけの高いポテンシャルを秘めていると感じましたし、直千競馬で結果を出しているのもなるほどなと頷けます。上手くエスコートできず申し訳ありません」
(松田大作騎手)







現地まで応援にいきましたが、前にいけなかった?行かなかった?
その時点で終了しましたね。

なんとも中途半端と言う、今さら何で末脚勝負のレースをするのか…。


あくまでも新潟の試走と言う感じだったのでしょうか?


何ともよくわからないレースでした。













posted by ぺぺ at 20:21| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。