2016年12月17日

2015年度産 ノルマンディー出資予定馬短評


先日ノルマンディーの今年の募集馬のパンフを片手に動画を見て、ペペなりの気になる馬の評価を発表します!

何度も言っておりますがぺぺに相馬眼など一切ありません!

現在
アペルトゥーラ
ジャストフォーユー
エスカラード
オルレアンローズ(半持ち)
キャラメルフレンチ(嫁名義)


今までが奇跡と言っていいぐらいです(笑)



なので、苦情は一切受け付けません!(自己防衛)



それではぺぺの気になる馬を紹介いたします。







・メルセダリオの15

正直これ馬に関しては説明不要かと思いますし、動画を見ていただければわかると思います。

血統も申し分なし。

ただネックは勝ち上がっているルーラーシップ産駒はサンデーが入っており、同馬は入っていないこと。

近況の写真を見るとかなり不格好な馬体になって成長を促すんだろうなと思っていたら、馴致を開始するコメントがあり、あんな状態でやるの?ともうちょっと待ってもいいのになぁと思ってしまいます。

そしてなにより一番は「値段」

ビンボー人のぺぺにはキツすぎます
(>_<)

まぁ何だかんだで勝ち上がると思いますし、当初は出資に結構前向きでしたが、やっぱり回収を考えるとう〜ん…と言う感じです。





・トーセンリリーの15

後ろ足の踏み込みが良く見え、長距離タイプなのかなぁと言うイメージ

血統的にもハーツクライですし、厩舎も申し分なし。

不安は兄弟がいまいちのこと。
ただ、キンカメ以外のお父さんたちは…。

そこだけ目をつぶれば候補の一頭。






・タニノピカンテの15

動画を見る限りは歩様にバランスがあり、素直そうに見えました。

値段もお手頃ですが母が高齢なのとアドマイヤムーン産駒の良いイメージがあまりないのですが、魅力的な一頭です。





・ドゥオナーの15

歩様がスムーズで前向きさもあり、首の使い方が良さげに見えました。

兄のシゲルコングは先日の全日本二歳優駿2着ですし、懇親会で須田さんがおすすめしていた理由の一つの血統から選択を間違わない点、奥村調教師も自信の一頭のようですし、こちらもかなり魅力的です。



満口になりそうな馬もいますし、早々に決めたい自分もいるし、ギリギリまで様子を見たいのもあるし、悩ましい日々が続きそうです。






posted by ぺぺ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ノルマンディーoc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。