2016年10月13日

土日出走 オルレ&ジャスティン

先週子供の運動会が行われました。

うちの子供は年少組なので早めに運動会が終わったのですが、その前に年中組の徒競走がありました。

やっぱり性なんですね。

徒競走を見ながら嫁に

「やっぱり小回りだから内に行けないと不利だなぁ。」

「直線も短いし、スタート次第で女の子も勝てるコースだなぁ。」

「あ〜コーナーで捲っても小回りだから振られちゃうよ〜あれじゃ勝てないや。」



…はい。


ダメ親父です…。






オルレアンローズ

10/15(土)東京・白秋ステークス
(1600万下・芝1400m・混)大野拓弥騎手

10日(月)に坂路コースで4ハロン53.8-38.5-24.8-12.3を単走で一杯に追い切りました。 「フルゲートとなりましたが、2勝目を挙げた同条件の東京にいかせてください。頭数が手頃な京都の清水Sも視野にはありましたが、今の精神状態での輸送のリスクと時計の速い京都のマイルに対応できないのではないかとの結論に至りました。現状の力でこのメンバーにどこまで通用するか楽しみですし、マイペースで運べればチャンスはあると思います」
(高木登調教師)






頭数が手頃ですがおっしゃる通り輸送のリスクを考えるとレベルは高くても東京でいいと思います。

しかし本当準オープンらしからぬレベルの高いメンバーになってしまいました。

正直今回は胸をかりる立場でどこまでやれるかを見るレースかなぁと思いますが、ここで好走出来たら夢が広がるんだけどなぁ〜






ジャストフォーユー

10/16(日)東京・神奈川新聞杯(芝1400m・混)L.オールプレス騎手

9日(日)にWコースで4ハロン57.4-41.0-13.2を単走で馬ナリに追われ、12日(水)にもWコースで4ハロン53.3-38.9-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「先約のあった他馬にハンデ54kgで田辺が騎乗することになり、今回ジャストはL.オールプレス騎手に騎乗を依頼しました。馬に当たりの柔らかいタイプですし、手が合うのではと期待しています。序盤でどれだけレースの流れに乗れるかが鍵を握るため、ハナは主張しなくとも先行する形にはこだわって競馬を進めるように指示するつもりです。ここにきて一段と成長が見られ、精神的に落ち着きが出てきましたので、今の感じでスムーズな走りができれば一発あっていいはずですよ」
(栗田徹調教師)





一発あっていいはず…。

あまり期待はしていないと言うことですね。(苦笑)

何となく今の精神面が成長したジャスティンならばもう少し距離をのばしてもいいんじゃないかと思ってしまいますが…。

福島芝1800とか2000とか小回りで…。

今回は口取りには応募せず、現地にも行けませんので好走してくれるはず。

一発を信じるしかありません!





posted by ぺぺ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。