2016年01月29日

1/28&29 ペペ厩舎情報

明日東京は雪かもしれないとの事ですが明日仕事なんですよね〜
あ〜嫌だなぁ…




エスカラード

(オカダスタッド)
引き続き舎飼い休養中です。この中間も落ち着いて過ごすことができており、制限された生活が続きながらもイライラしている様子はありません。来週にも獣医師の診断を受けることになっており、回復状況を元に今後の計画を立てる予定です。




大きなケガではないですし、早期には戻ってくるとは思いますが、早くても春頃でしょうか…。






オルレアンローズ

(松風馬事センター)
「現在は角馬場で軽めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も落ち着いて調教に取り組んでおり、ペースアップにもしっかり対応できています。ウイークポイントである左後肢をだいぶ使って走れるようになってきましたが、まだまだ物足りない感じですので、もっと使えるように意識しながら乗り進めていきます。体をふっくら見せるようになってきましたし、体調面でも上向いてきている印象です」
(担当者)




しっかりと課題を克服してから帰厩なのでしょうかね?
今週から目標としていた東京開催ですが文面からは馬優先で進めていくようですね。





ジャストフォーユー

(美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、27日(水)に美浦に帰厩しました。

「体はあまり増えていませんが、毛ヅヤや筋肉の張りが良くて体調の良さが窺えます。放牧先からも、ハミを噛んで走りに前向き過ぎる面を報告されましたので、あまりテンションを高揚させないよう調整を進めていくつもりです。次走は2/21(日)小倉・4歳上500万下(芝1800m)を丹内祐次騎手で予定しており、レースの一週前には小倉競馬場へ移動させたいと考えています」
(栗田徹調教師)




やっぱり前向きすぎる面は改善されませんでしたね。
まぁレースで好戦してくれれば前向きすぎてもなんの問題もありません!

勝利を決めた小倉芝1800ですし、何とか頑張ってもらいたいものです。





アペルトゥーラ

(松風馬事センター)
「現在は角馬場で長めを乗った後に本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整しています。脚元の不安がなく、引き続き15秒ペースの時計消化もコンスタントに消化させていますので、あとはこのままテンションを上げ過ぎず下げ過ぎず、上手くバランスを保ちながら厩舎へ送り出したいですね」
(担当者)




あの〜
そろそろ小倉が始まりますが…

アペのこと忘れてないですよね?
調子はかなり良さそうですので何とか現状維持でお願いします!

posted by ぺぺ at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

馬名投票完了

先週はノルマンディー所属馬が多数出走。
その中でシュヴァリエとビスカリアが勝利!

出資者の皆様おめでとうございます。

ペペもそろそろ1000万クラスの馬を持ちたいと思う今日この頃です…



と言うことで先週の土曜に全馬の馬名投票が完了しました。

毎回思いますが、皆さん本当にうまく考えるなぁ〜と感心してしまいます。

ぺぺにそんなボキャブラリーがないので選ばれることはないだろうなぁ…


実はぺぺの嫁が去年オルレアンローズの勝利にテンションが上がったようで、フレンチミステリーの14に出資したんですよね。

もちろん
「自称スーパーアドバイザー」のぺぺのアドバイスもあり、同馬を出資。
そして嫁が一生懸命考えて馬名を応募しましたが残念ながら候補にのりませんでした。


名前負けしないようノルマンディーの馬達に期待しましょう!


posted by ぺぺ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ノルマンディーoc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

1/22 ペペ厩舎情報

久々の更新でございます。
仕事ばっかりでいつの間にか毎年恒例の馬名投票が始まっていたのですね。
明日は久々に土日休みなのでゆっくりとしながら投票したいと思います。




オルレアンローズ

(松風馬事センター)馬体重:482
「現在は角馬場で軽めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限17〜18秒ペース)のメニューで調整しています。落ちていた肝機能や内臓面も回復できたため、この中間はペースアップして乗り進めています。まだ緩さが残って体の張りも物足りませんが、状態は確実に良化が窺えますので週末からは時計消化に移行する予定です。先日来場した高木調教師が馬の状態を確認され、『無理せず慎重に進めてもらっていましたが、ようやく内面もしっかりしてきましたのでこのまま乗り込んでいってください。歩様から上半身の力感は十分ですが、後肢の引きつけがまだ微妙に足りません。それでもさすがに新馬を勝っただけあって柔軟性を感じさせますね』と話されていました。引き続きウイークポイントである左後肢の弱さも解消できるように意識して努めます」
(担当者)




このコメントを見る限りはそこまで東京開催にはこだわってないのかなぁとも思いました。
あくまで馬優先で進めていく感じですが、飛ぶ鳥を落とす勢いの高木先生なので大丈夫でしょう。






ジャストフォーユー

(吉澤ステーブルEAST)馬体重:470
「現在は角馬場で長めに乗った後にダートコース2400mを普通キャンター(上限17秒ペース)で調整しています。この中間はコンスタントに15-15もこなしており、しっかりと乗り進めることができています。到着当初に見せていた気難しい面もだいぶ解消し、今は乗り役とのコンタクトも良好で難しいところはありませんね。昨日来場した栗田徹調教師からは『検疫が混み合っているので流動的ですが、1回小倉開催(2/13〜)開幕週もしくは二週目には使う予定なので、今週末か来週中には帰厩させる予定です』と話していました。思いのほか体重が増えてはこなかったものの、気合乗りや馬体の張りも申し分なく、状態は上向いてきていますよ」
(担当者)



気難しい面もだいぶ解消?!

それ信じていいんですか?!

お世辞半分で聞いておきます(笑)
来週には帰厩ですが心身ともに充実して未勝利を勝った小倉に出陣しましょう!






アペルトゥーラ

(松風馬事センター)馬体重:520
「現在は角馬場で長めを乗った後に本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も15秒ペースの時計消化をコンスタントにこなせているように、今は脚元の不安がまったくないのは好印象ですね。牧場レベルでは仕上げの最終段階に入っていますが、非常に馬が落ち着いている点にも好感が持て、アペルトゥーラをこれまでお預かりした中では一番良い状態で送り出すことができそうです。師からいつ声がかかってもいいように、このまましっかりと態勢を整えていきます」
(担当者)



やはりアペはまだ間隔を開けないといけないタイプなのですね。
今までで一番良い状態で送り出せるとの事で復帰戦は勝ち負けを…
いや、勝ってもらおうじゃないですか!


posted by ぺぺ at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

2016 シンザン記念

今年初の勝負レースになります。
だからといって特に何かあるわけではないですが…
(^^;



勝負レース

京都11レース シンザン記念

6番 ロジクライ

とにかく内枠の先行〜差しを選んでこの馬を。
前走が直線で大きな不利を受けたもののそこから再度延びたようにスムーズならチャンスがありそう。
京都金杯で穴をあけた浜中騎手も含めての期待。


複勝 3000円

ボーナス狙い単勝500円


posted by ぺぺ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/7&1/8 ペペ厩舎情報


実は昨日はぺぺ一家と会社の人達で中山競馬場に行ってまいりました。
午後からの中山でしたが現地観戦はやっぱりいいですね〜。

思ったほど寒くなく、子供と嫁を内馬場に行かせて会社の人たちと楽しみました。

ただ、ずっと嫁に預けておくわけにもいかないので、たまに面倒を見に行きながらの競馬でした。
そんなことで単複を中心に買って、中山メインでぺぺの勝負レースにしていたバンズームの複勝でプラス確定!
(早起きして事前予想をしておいてよかった〜)

もちろんその後嫁にターフィーショップに連行されたのは言うまでもありません…。


と言うことで今年一発目のペペ厩舎情報です。





オルレアンローズ

「内臓面に疲れが出たためか、こちらに到着当初はボロが緩かったり飼い葉を残したりと体調面が安定しなかったのですが、年明けからようやく体も戻ってきました。本馬場でのキャンターで左トモにウイークポイントがあると感じ、またハミに頼り過ぎている点も気に掛かかりましので、現在は角馬場での体幹トレーニングを主体に進めています。ロンジングでハミ受けの反復ともっと上手く手前を使えるようにマナー的な訓練をおこなっていますが、求めたことに対しての理解力や順応性は高いですね。前肢、後肢ともにパーツパーツの節々には見映えする筋肉が備わっているものの、体型的にだいぶ幼いですし、成長の余地はまだ相当有りそうな印象を受けます。背中の柔らかさは、さすがに新馬勝ちしただけあるなと感じさせますね」
(担当者)




まだまだ成長の余地があるなかでの新馬勝ち。
課題はいくつもありますが、どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。






エスカラード

1/4(月)に栗東へ帰厩しました。その後、歩様に違和感が認められたことから運動を休止し、1/6(水)に獣医師による診断を受けたところ左前脚橈骨遠位端の剥離骨折が判明いたしました。事故見舞金対象につきましては全治3ヶ月(競走復帰できるまでの目安)の診断が下っています。本日7日に福島県のノルマンディーファーム小野町に移動しており、1/10(日)に北海道のオカダスタッドへ向けて出発する予定です。

「1回小倉開催(2/13〜)を目標に、できれば手元に置いて時間を掛けてじっくり進めていこうと考え帰厩させました。しかし、歩様がひと息ですぐにピッチは上げられないと判断し、獣医師を呼んで診断を受けたところ、左前脚の骨折が判明しました。症状自体は軽微と言えるものですが、逆に言えばそれだけ発見が難しく、通常の馬体チェックでは見つけづらいというのもあります。様々な角度からレントゲンを撮ってようやく判明したほどです。時間の経過とともに変化するケースがあり、獣医師の話でも過去に負ったものが表面化してきた可能性もあるとのことでした。その当時に異常は認められませんでしたし、発症した時期については何とも言えないのですが、前走があまりにも走らなかったので影響があったのかとも考えてしまいますね…このようなことになり大変申し訳ございません。残された時間はまだありますし、今でもこんな成績で終わる馬ではないと思っていますので再起を図らせてください」
(鈴木孝志調教師)




とうとうぺぺ厩舎初の骨折が出てしまいました…。

ん〜何とも言いがたいですね。
これで一気に時間がなくなってしまいましたし、復帰後に即勝負にならなければいけないのは正直キツいですね。

怪我したのはしょうがないですから馬体回復も含めてじっくり待つしかなさそうです。





ジャストフォーユー

「現在は角馬場で長めに乗った後にダートコース2400mを普通キャンター(上限17秒ペース)で調整しています。気持ちが前向きな点は好感を持てますが、ペースを上げると走りにゆとりが無くなりますね。どこかで一息呼吸を入れて走れるようになれば、もっと高いパフォーマンスを発揮できる馬だと思いますよ。小倉開催(2/13〜)目標ということで帰厩までそう時間はありませんが、折り合い面重視に、出来る限り気持ちのコントロールが利くように調整を進めていきます」
(担当者)




評価していただいているのはありがたいことです。
この子の課題はとにかく気性…
少しでもコントロールできるようお願いします!





アペルトゥーラ

「現在は角馬場で長めを乗った後に本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整中です。週に1回は15秒ペースに引き上げて時計消化には問題なく移行できていますが、ペースアップにつれてテンションが高くなって煩さが出てきました。気持ちの部分でもなかなか難しい面を持ち合わせていますね。小倉開催(2/13〜)が目標ということで帰厩までそう時間はないと思いますが、このまま時計消化を継続しつつも精神的に落ち着かせて送り出せるよう尽力いたします」
(担当者)



何故だか古馬になってから自我が強くなってきました。
少なくとも500万クラスの馬ではないと思っているので、精神面をどうにか良くしてもらわないと…
ペペ厩舎のエースとして何とか頑張ってもらいたいものです。



posted by ぺぺ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペペ厩舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする