2018年07月31日

アイビスサマーダッシュ2018立派な7着!



アペルトゥーラ

7/29(日)新潟・アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手 結果7着

「馬に柔らかみがあって状態としては良かったと思います。枠内では頭を上下させていましたが、立ち方自体は良かったですし、テンションが上がっている中で無理にコントロールするよりは何もせずに落ち着くのを待つことに。これまで跨った経験があったので、その辺りは馬を信じることができましたし、結果スタートはポンっと上手く出れましたね。そのままもう少し前のポジションを取りたかったところですが、思いのほか出ていかなかっためプランを変更。勝った馬の真後ろにつけて一緒に上がっていく形を狙いました。時計が速かったのもあって、最後2ハロンくらいで置いていかれてしまい…。馬場が渋ってればとまた違うはずですよ。週の半ばの天気予報を見て、この馬に向く馬場になるだろうと思ってたんですけどね」
(丸田恭介騎手)



DSC_0048.JPG



DSC_0040.JPG



先ずは無事走りきって、7着とのなりました!


さすがに今回はタイムが速すぎました。

アペルトゥーラ自身のタイムではちゃんと走ってますから納得です。



午前中には新潟競馬場に着いたのですが、人が多くてメインの頃にはG1並みに人がいたと思います。




いや〜ファンファーレがなった瞬間にいろんなことが走馬灯のように来て、恥ずかしながら泣いてしまいました。


地方まで行ってしまった馬がここまで来てくれただけで満足ですし、8着以内にも入ってくれましたし、ペペとしては立派な成績だと思っています。


この後がどうなるかはわかりませんが、暑い中走ってくれたので、しっかりと休んで次走に向けてまた頑張ってもらいたいと思います!


お疲れアペ君。











posted by ぺぺ at 12:40| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

とうとうここまで来たぞアペルトゥーラ!


アペルトゥーラ

7/29(日)新潟・アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手

22日(日)に坂路コースで4ハロン57.5-42.4-28.7-15.1を単走で馬ナリに追われ、25日(水)にも坂路コースで4ハロン53.9-38.8-24.8-12.2を単走で末強目に追い切りました。「最終追い切りは併せて終いを伸ばすという指示でしたが、併走する予定馬がモタれて離れてしまって。ただ、アペルトゥーラ自身は自分の動きができたと思いますよ。素軽くて小気味の良いフットワーク、大きく体も使えてましたし、最後まで集中できていたことはなによりです。前走の韋駄天Sは斤量に泣いた面も強く、大きく負けたわけではありません。前半はマイペースでいって、ゴール前でしっかりと伸びるというパターンで昨年のこの舞台で3連勝を成し遂げましたが、とにかく『追い出してからの反応』の一言に尽きるでしょう。うまくスタートを決めて、スムーズにギアが変わってくれれば、最後のひと伸びにつながりますからね。もちろん外枠が引けたら最高です。実績十分でベストな条件。早くから目標にしてきたので、ようやくここまできた感がありますよ。年齢的にも正念場ですし、先頭で駆け抜けてくれたら。好結果を期待しています」
(国枝栄調教師)










とうとうこの日がやって来ました!


期間内に勝てずに園田に移籍。



その後見事中央に返り咲き、ダービーデーに初勝利。



一時は頭打ちの感がありましたが、去年千直で3連勝!

あの時から1年間待ちに待ちました。



もちろん当日現地に応援に行きます!


枠は何とも微妙になってしまいましたが、後藤騎手の騎乗からデビューして、いろんな感情が入り交じってレース前に泣いてしまうかもしれません。




頑張れ!アペルトゥーラ!!!









posted by ぺぺ at 12:25| Comment(0) | アペルトゥーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

ありがとうジャストフォーユー 新天地へ



ジャストフォーユー


6/23(土)東京・八ヶ岳特別(3歳上1000万下・芝1800m・混・ハンデ)江田照男騎手 結果9着

これまでの戦歴および現状を踏まえ、粕谷昌央調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。なお、本馬は26日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定で、出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。ジャストフォーユー号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「スピードの持続力を武器にスタートしてからそのまま押し切る競馬でこれまで2勝を挙げていますが、自身の強い気持ちに支えられてのもの。加齢とともに『心のスタミナ』が切れてしまうようで、最後の直線で苦しくなってくるとどうしても自分からやめてしまいます。馬具を工夫したり試行錯誤しながら、自厩舎で障害3戦、平地2戦に出走させていただきましたが、この繰り返しが起きてしまう現状。心機一転で何とか良い頃の走りを復活させたかったのですが、期待に応えられず申し訳ございません」
(粕谷昌央調教師)










とうとう来るときが来てしまいました。




こればっかりはしょうがないですね。



ぺぺ厩舎初の引退馬となりました。






一口を初めて最初の勝利をプレゼントしてくれたジャストフォーユー




あの時ほど小倉の直線が長いと思ったことはなかったなぁ〜




もう勝った瞬間は何が何だかわからないまま、しばし放心状態だった気がします。





初の重賞出走をもたらしてくれたのもジャストフォーユー




あの弥生賞の1週間はホントにダメと分かっててもワクワクドキドキした1週間でした。





次の新天地がどこになるかはわかりませんが、ジャストフォーユーにとって良い出会いになりますように。






ありがとう!

ジャストフォーユー号







posted by ぺぺ at 13:26| Comment(0) | ジャストフォーユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする